HOME > お知らせ > 「大阪の未来」を考えるサイト「『都構想』ポータル」をオープンしました。

「大阪の未来」を考えるサイト「『都構想』ポータル」をオープンしました。

2018.5.17

Facebook Twitter LINE

「大阪の未来」を考えるサイト「『都構想』ポータル」をオープンしました。

tokoso.cdp-osaka.jp

大阪市の廃止・分割を伴う、いわゆる「大阪都構想」。2015年5月17日の住民投票で「廃案」が決定されました。

大阪市を二分し、32億円の税金を投入して行われた住民投票。多くの問題を内包したまま、再び巨額の税金をかけて住民投票が行われようとしています。

極めて長期間、この制度論ばかりが優先され、目の前の大きな問題が先送りされてきました。

全20政令指定都市「幸福度」ランキングでは不名誉な最下位の大阪市。大阪市に住む人達が幸福をつかむのは、制度論ではありません。

そのことをしっかり伝えるため、住民投票での否決から3年目を迎えるこの日、「都構想」を考えるサイトをオープンいたします。

立憲民主党が考える大阪の未来は、「人が幸せになる大阪」。街が主役ではなく、人が主役の大阪です。

「都構想」ポータル はこちら
tokoso.cdp-osaka.jp


» お知らせ一覧に戻る


立憲民主党大阪府連合
立憲民主党大阪府連合
(C) CDP OSAKA All Rights Reserved.

▲TOP