最新情報new

立憲民主党 大阪府連のお知らせや最新情報を掲載します。

府内各地から活動報告【大阪18区】

かわとやすし大阪府連副代表(大阪府第18区総支部長)は、街宣車巡回、
朝夕の駅立ちをはじめ、政策チラシの作成、新聞折り込み、ポスティング
など、コロナ禍での制約がある中、全力で精一杯活動に取り組んでいます。

更新:2021.8.30

 格差のない安心な社会を!

 コロナ以前の社会ですでに大きな問題であった格差社会の広がりは、コロナ禍においてさらに拡大しています。
 様々な格差が存在する格差社会では、それぞれが複雑に絡み合うことで難しい問題にまで発展しています。
 かわとやすし副代表は、約25年間、医療福祉関係の仕事に携わってきた自らの現場を知る目線と、経営者としての経験を活かし、コロナ後の社会を見据え、安心安全な社会を目指すために、日々汗をかき走り続けています。

広く市民に訴えかける かわとやすし副代表
様々な資材を用いて政策をお伝えする
かわとやすし 副代表

 

 誰も切り捨てられることのない世の中を

 日々活動をしている中で、様々なご相談、ご意見を頂きます。
 コロナの給付金で経営維持できる飲食店もあれば、一方で維持するのもギリギリ、もう本当に生きていけるかどうかの瀬戸際だという心の叫びもお聞きします。

 

 なんとかしてこの状況を変えたい!コロナだけの問題ではなく、雇用問題、教育問題、福祉問題、全てにおいて、誰一人取り残されることのない支え合いの社会に変えていきたい。そのために、これからも声を上げ続けていきます。

関連記事