最新情報new

立憲民主党 大阪府連のお知らせや最新情報を掲載します。

  • HOME
  • 最新情報
  • 大阪府議会の「北朝鮮による日本人拉致問題に対する理解を深めるための取組みを推進する決議」について声明

大阪府議会の「北朝鮮による日本人拉致問題に対する理解を深めるための取組みを推進する決議」について声明

大阪府議会の「北朝鮮よる日本人拉致問題に対する理解を深めるための取組みを推進する決議案」について声明


立憲民主党 大阪府連 幹事長 森山浩行

 本日、大阪府議会で採択された「北朝鮮よる日本人拉致問題に対する理解を深めるための取組みを推進する決議案」について、採決にあたっては賛成するようあらかじめ所属議員に伝えておりましたが、全ての拉致被害者の1日も早い帰国実現に向けて取り組む立場は変わらないものの、取組に対する見解の相違から独自の判断で退席をしたことを確認しています。自治体議会においては各所属議員の意思を尊重するものでありますが、連携不足があった点について関係者の皆様に深くお詫びを申し上げます。

 立憲民主党は、これまで同様、一日も早い全ての拉致被害者の帰国実現にむけて全力で取り組んで参ります。

→府議会議員団の声明はこちら


関連記事